ひとつの花からはじまった湖の再生と持続可能な社会への物語「アサザプロジェクト」 湖の環境(水質や生態系が悪化したために) 絶減にひんしていた水草「アサザ」 「アサザ」を救うために、1995年、地域の人々が立ち上がりました。 アサザ群落を再生する取り組み「アサザプロジェクト」は、子どもたちが学ぶ学校から始まり、 またたく間に広大な流域に広がりました。 そして、市民団体や学校、企業、農林水産業、研究期間、行政が協働で進める持続可能な社会づくりへと発展していきました。 それは、水辺に咲く可憐な花がのみ24万人の人々と200をこえる学校を結びつけた未来に向けた取り組み「アサザプロジェクト」です。 竜動的知性 創造的展開 社会のすべての壁を溶かし膜に変える ネットワーク型事業 100年後、トキの舞う霞ヶ浦を ひとつの花からはじまった湖の再生と持続可能な社会への物語「アサザプロジェクト」
 
このページの先頭へ